注目アイテム

米麹あまざけ 甘酒 900ml長崎 ヘルシー

Item Number 1

霧氷酒造 あま酒(ノンアルコール) 900ml 製造元:霧氷酒造 都道府県:長崎県 原材料:米・米麹 「甘酒売り」が街に出ていた江戸時代から人々に栄養価の高い飲み物として親しまれていました。

おそらく昔の人は夏バテにも栄養ドリンクのように甘酒を飲んでいたのでしょう。

贈り物にもいいです。

箱ご用意しておりますでご注文の際、ご指示くださいませ。

12本まで1個口で発送いたします。

とても味がよくてくせがないので、多くの方の好みに合います。

米と米麹から糖化させたノンアルコール飲料で、防腐剤・糖類を使用しておりません。

冷たいままでおいしくいただけます。

開栓したら、冷蔵保管、なるべく早くお召し上がりください。

甘酒は飲む点滴!? 1つは栄養たっぷりな点。

・ビタミンB群 ・アミノ酸 ・ブドウ糖 ・オリゴ糖 これが甘酒の主な栄養素だそう。

もう1つが体に吸収されやすいこと。

点滴は血液に直接栄養素を入れるのですぐに元気になります。

それと同じく、吸収率が良いため点滴と呼ばれているのだそう。

−−−−−−− 甘酒は2種類ある!? 日本酒を生成した際に残る、酒かすから作るもの。

もう1つが米麹(こめこうじ)をまぜて発酵させて作るもの。

酒かすからできるものは値段は安いですが、 生成過程に日本酒を加えるためアルコールが含まれます。

米麹から作るものは、アルコールがなく子供でも飲めますが、 手間がかかるぶん値段が高いという特徴があります。

−−−−−−− 甘酒のペプチドで血圧上昇を抑える おすすめするのは、ペプチドの入った米麹の甘酒。

ペプチドは、血圧上昇を抑える効果が期待できるのだそう。

血液中には悪さをしないホルモンがあります。

ですがストレスなどが原因で、ACE(エース)という酵素が 元気になります。

この酵素が悪さをするホルモンに変化させてしまうそうです。

このホルモンは血管を収縮させ、さらに尿で出るはずの塩分を 血液の中に溜めてしまいます。

結果血圧が上昇します。

ペプチドという成分は、ACEとホルモンが結びつくのを 防ぐ効果があります。

結果血圧の上昇を防げるそう。

甘酒は薬ではないため、 飲んですぐに効果が出るものではありません。

個人差がありますが、早くて3ヶ月、長くて半年ほどだそう。

−−−−−−− 内科医がやっているおすすめレシピ 甘酒にしょうがを入れる。

しょうがに含まれるジンゲロンが末梢の血管を開き血流を良くし、 血圧を下げる効果が期待できるそうです。

ただししょうがのおろし方に1つ注意が。

それは、皮と一緒にすること。

しょうがの皮の成分にも利尿効果があるため、 尿から塩分が排出されるのを促進されるから、だそう。

ちなみに朝に飲むのがオススメだそう。

血圧を上げるホルモンは日中によく働くため。

−−−−−−− 米麹の甘酒は温度に注意! 米麹の甘酒の成分は高い温度に弱く、すぐに壊れてしまうそう。

なので、常温もしくは冷やして飲む必要があるのだそうです。

甘酒は温めて飲むイメージがありますが、 健康という点では良くないんですね。

ちなみに「甘酒」という言葉は夏の季語なのだとか。

江戸時代には夏バテ防止に飲む冷たい飲み物だったのだそうです。

−−−−−−− 甘酒の善玉菌で免疫力UPが期待 オススメは、米麹の甘酒。

米麹を発酵させて作る米麹の甘酒は発酵食品。

腸内環境を整えてくれる善玉菌が含まれています。

体の免疫細胞の約60%が腸に集中しています。

そのため、腸内環境を改善することで免疫力UPが期待できます。

また、甘酒に含まれるブドウ糖・オリゴ糖は 腸内の善玉菌の栄養になります。

善玉菌が増える上に、元々いる善玉菌の栄養にもなる ダブルで腸に効く飲み物というわけですね。

免疫力UPの効果を試すなら、 まずは1週間続けて飲むのが良いそうです。

便通が良くなったり、体温が上がったりなどすれば 効果があると考えて良いようです。

−−−−−−− 2016年3月15日放送のテレビ朝日 『林修の今でしょ!講座3時間スペシャル』より

Item Number 1

Review Count レビュー件数 0件
Review Average レビュー平均 0.0(5点満点)
Shop Name ショップ うらかわ酒店
Price 商品価格 821円(税込み)

この商品を買った人は、こちらの商品にも興味をもっています。

こちらも一緒にいかがですか